MENU

ラジオ好きがゼンハイザー IE100 Proを徹底レビュー!プロミュージシャン愛用のイヤホンの実力

インイヤーモニヤー(IEM)として人気のゼンハイザーIEシリーズ。

1万円台で買えるIE100 Proは、プロミュージシャンのみならずライブ配信・ゲーミング用・オンライン会議用としても人気が高まっていて「万能イヤホン」としても使いやすいと評判です。

そんなIE100Proを「音楽鑑賞用」として使った場合のレビューをしていきたいと思います♪

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥11,809 (2024/02/21 16:19時点 | Amazon調べ)
目次

ゼンハイザー IE100 Proの特長

ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーで、丈夫な躯体と劣化しにくい音質に定評があるブランドです。

プロミュージシャンにも愛用している人が多いことからも、品質の高さが伺えます。

今回のIE100Proは高級モデルではないけれど、実際にステージでもミュージシャンが使用しているプロ仕様のイヤホンなんだよ。

ゼンハイザー IE100 Proのスペック

型番IE 100 PRO + IE PRO Straight Cable Black
タイプカナル型
素材樹脂
ドライバーシングルダイナミックドライバー
感度115dB/mW
インピーダンス20 Ω (Ohm)
重さ19g
ワイヤー長1.3m(ワイヤレス対応→別モデル)
ケーブル専用ケーブル
イヤーフック有(取り外し不可)

ゼンハイザー IE100 Proは、次世代のダイナミックドライバーを使用したイヤホンです。

大音量でも目的の音がきちんと聴こえ、低音から高音まで安定感あるまとまった音質が実現されています。

ゼンハイザー IE100 Proの特長

IE100 Proのイチ押しポイントは以下のとおりです。

  • 高音から低音まで、ムラのない一定した音質
  • 高い遮音性!周囲が大音量で鳴っている場面でも自分の音が聴こえる
  • 可動性の高いイヤーフックでフィット感抜群
  • ステージ対応の頑丈なケーブル
  • 樹脂製の軽量ボディで長時間使用しても疲れない

「大音量」に強いイヤホン、という印象で、ガツンとパンチが効いた曲でも長時間聴きやすいイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能はありませんが、遮音性がかなり高いのも特徴。

周囲で爆音が鳴り響く環境でも、自分好みの曲を聴きたい場面では重宝します。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥11,809 (2024/02/21 16:19時点 | Amazon調べ)

ゼンハイザー IE100 Proを実際に使ってみました!

イヤーフックが自在に曲がる!

というわけで、実際にIE100 Proを使ってみたレビューをしていきます!

IE100 Proを買うと、本体のほかに

  • 柔らかいレザー調の「バネポーチ」
  • 3種類の大きさのシリコンイヤーピース
  • Mサイズのフォームイヤーピース
  • クリーニングツール

が付いてきます。

ワイヤーで自在に曲がるイヤーフックがあってフィット感に優れたIE100 Proですが、シリコンかフォーム性のイヤーピースが選べます。

自分にぴったりの付け心地を追求できますよ。

サイズ感・付け心地

手に取ってみたサイズ感はこんな感じです。

コロンと丸いイヤホンで、見た目は「付けている感」が強いですが、重さは全体で19gと比較的軽めです。

ウレタンフォームのイヤーピースとシリコンのイヤーピースがあり、好みのイヤーピースを選択できます。

またイヤーフックにはワイヤーが入っていて、自在に曲げられるのも◎!

ステージで激しく動く人でも耐えられる、という事で高いフィット性があることが分かるかと思います。

操作方法

ケーブルをスマートフォンなどの音源に差し込み、耳にイヤーピースを入れる、通常の操作方法で問題ありません。

イヤーフックがあると「どっちに付けるの?」と混乱しがちですが、IE100Proは右耳だけ「ケーブルが赤」に塗られています。

ぱっと見て左右が分かるのはうれしいポイントですよね。

音質

音質に関しては、評価を表にしてみます。

評価ポイント評価
クリアさ
高音域
低音域
重低音
音の奥行き

インイヤーモニターとして評価が高いIE100Proですが、意外にもポップスを視聴する際には「ボーカルはあまり抜けてこないな」という印象を持ちました。

というのも全音域が一定してムラがないので、特定の音だけ強調されることがないからです。

あえて挙げるなら「男声ボーカルの低音」くらいの音域がまろやかで美しく響くのがすごく好み

IE100Proでポップスを聴いて、すごいなと思ったのが「爆音」に強いということ。

シンセサイザーやエレキギターの音がバンバン鳴り響くような曲でも、涼しい顔で受け止めているような、余裕のあるサウンドで耳に入ってきます。

実は筆者、激しい曲調はあまり好みではないのですが、IE100Proで聴くなら全然アリだな、と感じました。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥11,809 (2024/02/21 16:19時点 | Amazon調べ)

ゼンハイザー IE100 Proはどんな曲を聴くのにおすすめ?

  • ハード系のロック
  • ライブ音源
  • ドラムが効いたバンド
  • ダンスミュージック
  • ボカロミュージック

とがった音や大音量でも心地よく響くIE100 Proなので、ハードな音源が良く合います。

逆に繊細な音楽だとクリアさが足りないので、ちょっと物足りないかも。

シンセサイザーやエレキギター、ドラムセットなどが活躍する曲がおすすめです。

ゼンハイザー IE100 Proに関するほかの人の口コミ

それでは、SNSでゼンハイザー IE100 Proを使っている人の口コミを紹介していきます。

https://twitter.com/sora_kaede0808/status/1623226327204765696
https://twitter.com/jp_tacky/status/1623027408654958592

ゼンハイザー IE100 Proのレビューまとめ

1万円台という、IEMでは比較的お手頃価格のIE100 Proですが、プロもうなるほどの高音質を誇るイヤホンです。

ポップスならハード系・大音量が好みの方向け。

音楽視聴でないなら、ゲーミング用で使った人の口コミがかなり高いイヤホンです♪

適度な解像感と、ガツンとハードなBGMを楽しみたい方にぴったりなので、ぜひ検討してみてくださいね。

ゼンハイザー(Sennheiser)
¥11,809 (2024/02/21 16:19時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西の某都市在住。
職場の飲み会では必ず〆にカラオケがあり、プライベートでも友人同士でカラオケ大会が開催され、どっぷりカラオケに漬かっている30代です。
趣味はラジオで、最新曲から懐かしい曲までまんべんなく楽しむこと。
特技はカラオケで飛び入り「ハモり」で盛り上げることです!
実は音大出身で、音程にはかなりの自信アリ。
姉妹サイトClassical Music.jp(クラシック音楽情報サイト)を運営しています。

目次